残業があります

募集要項では残業が少なめなどと書かれていても、意外と残業は多いようです。
日本は世界的にみても労働時間が長い国です。効率良く仕事をするより長時間働くことを美学としているような傾向も見られます。ちょっとした工夫で残業が減らせることもあるのに、それをせずに残業を放置しているような風習です。
残業は男性だけではなく女性にもあります。子供がいる女性は残業ができませんが、子供がいない女性は男性と同じように残業があります。
残業代がしっかり出る会社なら良いのですが、中にはサービス残業もあるようです。
サービス残業は日本ならではの文化のように感じられます。サービス残業が当たり前の職場ではいけません。そして、残業をすると帰る時間が遅くなってしまいます。帰りが遅くなると夕飯も遅くなり、寝る時間も遅くなっては健康と美容に良くありません。
先輩が帰らないと帰りにくいとか、先輩が帰った後にその先輩の仕事を押し付けられるような人もいるようですが、なるべく残業しない方向にもっていく方が良いでしょう。
お金を稼ぐための残業は悪くありませんが、無駄な残業をしていては印象が悪くなるだけです。そして、毎日残業していてはいけません。
今は多くの企業で定時退社日というのを設けていますから、その時は定時で帰って自分磨きをしましょう。残業ばかりで疲れた体を休めたり、同僚と食事に行ったりと時間を有効に使いましょう。そうすることでストレスの軽減にも繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です